Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語・フランス映画・パリ歴史

フランス語の「bureaux」と「société」の意味は ?会社へ行くは、どう使い分けるの?

フランス語の「bureaux」と「société」の使い分けは?

Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊

フランス語で「bureaux」と「société」は名詞でどちらの意味も、

会社です。

その他に、昨日の記事で触れましたが、

会社という意味の「campanie」があり、

campanie

は、

compagnies pétrolières(石油業界)

compagnies aériennes(航空業界)

compagnies d'assurance(保険業界)

compagnies financières(ファイナンシャル業界)

 

などの業種で使い分けます。

では、「bureaux」と「société」では、

使い分けはどうなっているのでしょうか。

「bureaux」と「société」の使い分け

会社という言い方には、

「entreprise 」「campanie」「société」がありますが、

その他に「bureau」があります。

もともと、「bureau」は机の意味です。

ところが、会社に行くというときに

使います。

例を見てみましょう。

● je suis allé au bureau

訳➡私は会社に行った。

 

です。

これは、会社と言っても、ホワイトカラーの会社で、

工場勤務の場合は、

● Je suis allé à l'usine

訳➡私は工場に行った。

と使い分けることができます。

 

郵便局は、

●Je suis allé au bureau de poste

訳➡私は、郵便局へ行った。

です。

また、テープやノリなどの事務用品の、文房具は、

●fournitures de bureau

です。

 

では、会社に行くの言い方では、

●Je vais au bureau

とは言っても、

 

●Je vais à la société

とは言いません。

会社に行くや、仕事に行くの時は、

aller au bureau

を使います。

 

そして、

aller au bureau

aller aux bureaux

の2つ、単数と複数があります。

この違いは、

単数は、自分が働くスペースです。

それに対して、複数の方は、

会社全体です。

ただ、発音は一緒ですので、

聞いただけでは、単数が複数かはわかりません。

コンテクストで、どちらなのかがわかりますね。

 

以上で~す。

では、では、

 

オンラインスクールの

【アンサンブルアンフランセ】

スカイプの無料体験レッスンの申し込み方は➡こちらから、無料体験レッスンの受け方をご参照ください。

入会金約10800円の免除方法も書いています。