Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語・フランス移住・パリ留学

フランス語の「Froid, moi ? Jamais !」 の意味は?これを着れば寒くない下着とは?

 

フランス語の「Froid, moi ? Jamais ! avec Damart 」 の意味は?

 

 

昨日の名探偵シャーロックホームズの、

「élémentaire mon cher Watson」に引き続き、

 

今日は、フランス下着メーカーのダマ―ルという

「Froid, moi ? Jamais !」を見てみましょう。

この言い方は、ダマ―ルをもっているひとなら誰でも知っているくらい、

有名な言い方です。

当時は、テレビで流れていた、宣伝文句です。

日本語では、翻訳されていました。

表現をまとめて見てみましょう。

 

「Froid, moi ? Jamais ! 」 はどんな意味?

「Froid, moi ? Jamais !」

日本語の訳は、

「私が寒いだって?まさか」

という訳です。

 

私は日本にいる時に、この宣伝文句を聞いて、ふうんと思っていて、

そんなに暖かい下着ってあるのかなと思っていました。

フランスに来たときに、

それで、ダマ―ルをスーパーに見に行ったのです。

 

そうしたら、売り場には

「Froid, moi ? Jamais ! 」 となっていました。

 

日本にいた時に、日本語で宣伝文句を覚えて、

それで、フランスで、元々のフランス語文をみて、すごく関心したのです。

 

「Froid, moi ? Jamais ! 」

日本語も、フランス語も、両方よく考えられていますよね。

 

それから、20年くらい経過して、この間散歩をしいていたら、

ダマ―ルが、Nation(パリの20区にあるナション広場、1号線と6号線のナション駅)にあったのです。

 

もう

Damart est un groupe de vente par correspondance créé en 1953 par la famille Despature, dont le siège social est situé à Roubaix en France. Damart est une marque de textile qui commercialise ses vêtements à travers des catalogues, des sites Web et un réseau de plus de 130 magasins en Europe dont 85 en France. Enseigne du groupe Damartex, son siège social se situe également à Roubaix dans le Nord. L'entreprise a fermé ses usines dans le Nord de la France mais conserve son centre de recherches et développement à Roubaix.

引用先 https://fr.wikipedia.org/wiki/Damart

 

ウイキペディアによると、ダマ―ル社は、1953年に設立された洋服の通販社で、フランスのルベ(Roubaix)に本社があり、欧州に130の販売店があったとあります。

 

今は、会社は工場を閉鎖したものの、研究開発はまだ行っているということですが、販売はベルギーで統括されているとなっています。

délocalisation =移転があったようですね。

 

また、ウイキペディアには、

« Damart, moi ? Toujours ! » 、

 

「ダマ―ル、私? いつも」

という、台詞もあったようです。

 

il me semblerait que le siège de Damart a été délocalisé en Belgique.

訳➡どうもダマ―ルの本社は、ベルギーに移転されたようだ。

(新聞には、すべて情報がなく、移転したのかどうかはっきりしらない時には、断定を避けるために、条件法を使うと便利です)

 

以上で~す。

では、では、

また明日(^^♪ à demain.

 

オンラインスクールの

【アンサンブルアンフランセ】

 

スカイプの無料体験レッスンの申し込み方は➡こちらから、入会金約10800円の免除方法も書いています。無料体験レッスンの受け方をご参照ください。