Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語・フランス移住・パリ留学

フランス語の「prendre à partie」ってどんな意味?ジョージ・フロイド事件関連

20200817_192934.jpg

 

フランス語の「prendre à partie」ってどんな意味?

 

Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊

 

フランス語で「プロンドル prendre」という動詞の、

熟語で、「prendre à partie」というのがあります。

全部知っている単語になのに、熟語になると分からないというのがないでしょうか。

USでいま起こった「George Floyd」さんの事件で

使われていた熟語の意味と使い方を見てみましょう。

 

【 George Floyd 事件】と「prendre à partie」の意味と使い方

USミネアポリスで起こった事件で、黒人男性が警察に取り押さえられ、うつ伏せにされた時間が長いことと、姿勢のせいで窒息してしまい、命をおとすことになりました。

その事件後、ずっとUSでは「人種差別反対」デモがつづいいていました。

デモをし、抗議をしたからと言って、すぐに人種差別がなくなるわけでいですが、

今回の事件は警官の横暴さが目立ち、現地で取材に行った他国の報道陣も、

取材時に暴力を受けています。

そんな中、フランスのTF1というテレビ局の取材班の車が、現地でゴム弾の攻撃を受け、一時的に報道陣も捕まえられることがあったのです。

 

以下2つの熟語について見てみましょう。

 

prendre à partie➡【ont été pris à partie 】暴力を受けた

faire les frais de ➡【a fait les frais de】影響を受けた

 

>① Les manifestations antiracistes et les affrontements entre civils et forces de l’ordre s’intensifient depuis quelques jours aux Etats-Unis. ②La colère après la mort de George Floyd, lors de son interpellation par la police de Minneapolis, secoue le pays. ③Dans ce contexte, des journalistes ont été pris à partie dans plusieurs villes des Etats-Unis, par police et manifestants, agressés, arrêtés ou ciblés par des tirs. Dimanche soir, une équipe de TF1 en a fait les frais

 

引用先 [20Minutes](https://www.20minutes.fr/arts-stars/medias/2790187-20200601-mort-george-floyd-equipe-tf1-visee-tirs-arretee-police-minneapolis)

 

以下が訳です。

①USで数日来、人種差別反対のデモと衝突が市民と警官の間で激しくなっている。

②USミネアポリスで警官により呼び止めらたジョージ・フロイドの死 の怒りは、USを揺り動かす。

③このような背景で、複数のジャーナリストがUSの複数の都市で、暴力を受けた(été pris à partie)。

デモの参加者は、暴力を受け、捕まえられ、ゴム弾の標的となった。

日曜日の夜は、TF1のチームもその影響を受けた(a fait les frais de )。

USでは、大統領選前で、現役の大統領は白人貧困層の支持基盤を失いたくないため、デモ弾圧強化をする政策にでていました。

 

では、では、

以上です。

オンラインスクールの

スカイプの無料体験レッスンの申し込み方は➡こちらから、無料体験レッスンの受け方をご参照ください。

入会金約10800円の免除方法も書いています。