Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語・フランス移住・パリ留学

フランス語の「lequel / laquelle」関係代名詞の使い方は「que」とは違う?

FRAMCAIS6.jpg

 

 

 

フランス語の関係代名詞「lequel / laquelle」

 

Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊

 

フランス語の関係代名詞で、

「lequel / laquelle」

があります。

関係代名詞なら、

主語に使う

Qui

また目的語に使う

Que

がありますが、

 

「lequel / laquelle」

は使う動詞に応じて、前置詞とリンクさせるのが特徴です。

この関係代名詞は使い方が難しいと思いがちですが、

慣れると簡単になります。

慣れてみましょう。

 

関係代名詞「lequel / laquelle」

関係代名詞は、文章Aと文章Bを

ドッキングさせて使う、ツールです。

基本的な使い方の関係代名詞には、

qui と queがありますね。

 

 

それぞれ、主語的に、または目的語的に使うかで

区分けしていますが、

今回の「lequel / laquelle」は、どんなシチュエーションでの使えるの例として、

●Le sac dans lequel je mets les courses est assez grand.

 

また

● La chaise sur laquelle je m’assois n’est pas très solide.

などです。

 

動画で説明があります。

 

【アンサンブルアンフランセのJoseph先生の説明】

 

 

Joseph先生の説明は7分15秒くらいからあります。

先生の説明で分かりますが、使う前置詞で使い分けるということです。

前置詞がない、qui と que

の例では

●La pomme que je mange

●La femme qui attend son chien

などがありますが、

 

manger やattendreのこれらの文では、前置詞がないのです。

これに対して前置詞があると、

●Le sac dans lequel je mets les courses est assez grand.

買い物をした物を入れる袋は結構大きい。

● La chaise sur laquelle je m’assois n’est pas très solide.

私が座る椅子はさぼどしっかりしていない。

 

これらの2つには、qui と queでは不十分です。

また「lequel / laquelle」は単数形で、複数形は、

lesquelsです。

 

例としては、

faire référence à

リファーをする

を使った文では、

 

男性単数形で

Le livre auquel je fais référence

女性単数形で、

La lettre à laquelle je fais référence

 

女性複数形は、

Les lettres auxquelles je fais référence.

と言えます。

また、先行詞が人間なら、

à qui

も使えます。

 

関係代名詞は、使う動詞で、前置詞を伴う動詞なら、

自動的に「lequel / laquelle」です。

最初は慣れませんが、なれると自然に口からでてくるようになりました。

 

また、複数形も合わせて覚えておくといいですね。

「lequel / laquelle /  lequels / laquelles」

 

以上で~す。

では、では、

 

オンラインスクールの

【アンサンブルアンフランセ】

 

スカイプの無料体験レッスンの申し込み方は➡こちらから、無料体験レッスンの受け方をご参照ください。

入会金約10800円の免除方法も書いています。