Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語・フランス移住・パリ留学

フランス語の「regarder」 にはどんな意味が?関係ないと言われたら?

FRAMCAIS7.jpg

 

フランス語の「ragarder」 にはどんな意味?

Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊

 

フランス語で「regarder 」という動詞があります。

最初に覚える基本動詞です。

意味は、見るで、

「voir」の見えるとは違います。

そのほかに、この「regarder 」には、

「あなたに関係ないでしょう」

つまり、干渉しないでという言い方があります。

ちょっと、日本人的には傷つけかれる言い方です。

私は一度言われたことがあり、かなり傷つきました。

どんなシチュエーションでそんな言われ方をしたのかもあわせて、使い方を見てみましょう。

「regarder 」

動詞、「regarder 」の基本的な意味は、「見る」ですが、その他に、

関係するという意味があります。

見るという基本的な意味がありますので、

それを否定形で使うと、

私を見ないという意味が、

私に関係ない、

 

となります。

主語は、ça か、celaで、

Cela ne me regarde pas

訳➡そのことは私には関係ない。

となります。

 

この言い方はかなり日常で使います。

言い方が分かっても、日本人的なメンタリティーでは使用しないと思っています。

 

基本的に、あなたのことに、私が関与することはない、

私が口を挟むことなない、と言う意味です。

 

あんまり言いませんよね?

この表現のビデオがあります。

ちょうど4分30秒くらいから、説明が始まります。

 

【アンサンブアンフランセ・HIbiki先生のビデオ】

 

 

 

ビデオでも説明されていますが、「私には関係ない」です。

まあ、これならいいのですが、私が言われたのは、

 

「Cela vous regarde ?」

と言われてたのです。

 

もう20年も前の話しですが、

友人に電話をしたら留守で、家にいた旦那さんが電話に出ました。

それで、私は近所に買い物にでも行っているの?

と旦那さんに聞いたのです。

 

そしたら、機嫌がわるかったのか、

「Cela vous regarde ?」

と言われてたのです。

 

どこに行っていようが、あなたに詮索される必要がないということでした。

内心「すごい」と思いましたが、

 

こんな言い方日本人ならしないなと思い、電話を切ったのです。

暫くしてから、友人から電話がかかってきて、

そんな言われ方をしたけど、なにかあったのかと聞くと、

寝起きで機嫌がわるかったのようだと、フォローがありました。

それにしても、印象に残る言い方でした。

今そんな言われ方をしたが、なにか言い返すと思います。

 

なんと言い返すか、考えるのも楽しいですね😊

 

以上で~す。

では、では、

スカイプの無料体験レッスンの申し込み方はこちらの記事を➡無料体験スカイプレッスン