Sakurakoのフランス語勉強部屋

フランス語・フランス移住・パリ留学

フランス語の「diminutif」 と愛称にはどんな意味があるの?モモという男の子

 

フランス語の「diminutif」はどういう意味 ?

 

Sakurakoのフランス語勉強部屋は【パリジャーナル】の中のフランス語学習に特化したブログです😊

 

フランス語で「diminutif」とたまに聞くことはないでしょうか。

意味は日本語の訳で、

指小辞(ししょうじ)

となっています。

 

意味がピンときませんが、

長い名前を短くした言い方を言います。

 

「モハメド」さんのことを「モモ」と

いったりとかです。

 

フランスのアラブ人経営のカフェで、店主を「モモ」と言っています。

そして、違うカフェでも、「モモ」なんですね。

 

なんでモモだらけ?

日本でなら、山田や田中、鈴木が多いですが。

 

「diminutif」

diminutifは

指小辞です。

どのように、短くするかの例ですが、

モモさんの元々の名前は、

Mohamed

で、

"MOMO"になっています。

 

そんな背景で、モモとよく、聞くのですよね~。

その他に、フランス人の名前では、

 

Alexandre アレクサンドル、

Alexandra –アレクサンドラ

"ALEX"

アレックス

になっています。

 

その他には、

CLEM

Clémentクレモン

Clémentine – クレモンティーヌ

"CLEM"

クレム

となっています。

 

では、では、

以上で~す。